小春日和(和小物・着物・着付)■着物の着付【初級】5.帯各種


 帯にも種類がいろいろとありますね。帯は合わせる着物によって決まってきます。普段には普段の帯、礼装には礼装の帯。お洋服でも一緒ですね。礼装の上着にGパンは合わせませんものね!帯合わせで、お召しになっている方のセンスがわかります。ステキに自信を持ってお召しになれるよう、結び方も含めてお伝えいたします。

帯の種類

 

半幅帯(はんはばおび)

通常の帯の半分の幅の帯。浴衣などの合わせる浴衣帯と同じ分類になります。浴衣帯のように単衣になっているもの、袋状になっているものがあります。
   半巾帯

 

京袋帯

京袋帯とは、長さは名古屋帯と同寸(または少し長め)で、袋帯の様な状態になっています。お太鼓は一重太鼓になります。柄によってはよそ行きのお着物にも合わせられます。ポイント柄(お太鼓柄)ですと柄出しが大変ですので、初心者には六通柄または全通柄がおすすめです。
   京袋帯

 

八寸名古屋帯

八寸名古屋帯は、単衣にも袷にもお締め頂くことが出来ます。お太鼓部分のかがり方によっては、二重太鼓のようにも見えます。締めやすく軽いので私は大好きです。ご自分のお手持ちのお着物に、合わせやすいお色ですと重宝しますね。初めてお買い求めの時は、季節を選ばない柄やお色がオススメです。

 

   八寸名古屋帯

 

九寸名古屋帯

九寸名古屋帯は仕立て上がって販売されているもの、丸巻状態で未仕立てのものがあります。帯芯を入れて仕立て上がります。胴に巻く部分は半幅に仕立て上がっていますので、袋帯のように半分に折って…ということがなく締めやすくなっています。素材や織りによって締めやすさが違ってきますので購入前に確認するといいですね。

 

お太鼓柄になる部分は普通巾にし、残りの胴に巻く部分は半巾に仕立てます。
大正時代に名古屋の女学校の先生が考案したといわれます。
仕立前・・・幅34cm(九寸)内外  長さ450cm前後 
仕立後・・・幅30〜32cm(お太鼓の部分) 長さ360cm前後
柄によっては、略礼装まで合わせられます。
織名古屋帯と染名古屋帯があり、織の方が格が高いとされています。
松葉仕立といい、手先から20cm位のところまでをとじ、残りの部分はお太鼓の幅と同じに開いた状態の仕立て方もあります。この仕立は、ご自分で前幅の加減が出来ますので、お背の高い方には幅出しが出来ます。

 

    九寸名古屋帯

 

袋帯

袋帯は改まったお席に締めることが多いのですが、中にはお洒落な袋帯もあり普段の着物生活に出番が多くなります。柄付けによって合わせるお着物が決まってきますのでTPOを考えコーディネートをしたいですね。
    袋帯

 

夏帯について

帯には、それぞれ夏物もあります。帯地が夏用になっていまして、形状などは全て一緒です。袋帯には袋帯、名古屋帯には名古屋帯というように、それぞれに夏物があります。
    夏帯

 

帯の衣更え

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog