小春日和(和小物・着物・着付)■着付け小物【腰紐】


腰紐

 着付に欠かせない腰紐です。 種類が沢山ありますので どのような腰紐を買い求めたら良いのか悩みますね。皆様はどのような基準でお選びでしょうか?。腰紐についてお着いたします。

 

 heart 腰紐のワンポイントも参考にされてみてくださいね♪


 

おすすめの腰紐(自分用)

 
 ウエストがゴムになっている腰紐が楽で良いですね。またモスリンも当然おすすめです。私はこのウエストゴムの腰紐を使用しています。ゴムになっていますので、伸び縮みする為 とても楽なのです。しかしゴムの調整が悪いと窮屈ですので、加減をしてくださいませ。ある程度モスリンで練習をされて、結び加減が解ってからの方がよろしいと思います。人様に着付をされます時、皆様がウエストゴムの腰紐をお持ちとは限りませんので、モスリンの練習が役に立つと思います。
 

おすすめの腰紐(人様への着付用)

 
 モスリンの腰紐がおすすめです。他にもポリエステルなどもありますが、モスリンはすべりにくくしっかり締まるので 安心です。何種類かの腰紐をお持ちでしたら、モスリンの腰紐をウエストにお使いくださいませ。一番重要な箇所だからです。
 

腰紐各種

 

モスリン各種

 モスリンの一般的な長さは200〜210cm です。普通の体型の方への着付には充分な長さです。ふくよかな方への着付には長めのモスリン(230cm)があると良いですね。男性用(240cm前後)は柄入りですが、長さが足りない場合はお使いになれます。
 販売店によって、価格や長さ等に違いがあります。良くご覧になって比較してみましょう。ご自分用でしたら長くお使いになるのですから、しっかりしたものがよろしいと思います。しかし人様へのお着付け用でしたら、場合によっては差し上げることになりますね。その場合を考えて、価格も考慮して決めたいですね。

 

矢 モスリン各種   矢 モスリン(男性用柄入り)

 

 
 

ウエストゴムベルト(腰紐)各種

 ご自分用でしたら 少しでも楽な腰紐が良いですね。便利なウエストゴムベルト(腰紐)がおすすめです。私も愛用者のひとりです。本当に便利です♪種類が豊富ですので、迷われると思いますが、私のこだわりをお伝えいたしますね。

 

・ゴムがしっかりしていること。(割と伸びやすい為)
・留め具が引っ掛けるタイプのもの。(外れにくい為)

 

矢 ウエストゴムベルト(腰紐)各種  

 

 

 
 

正絹の腰紐

 正絹の腰紐もしっかりしていて良いですね。中には芯になるものが入って作られているものもあります。その場合、使用頻度によって中の芯が丸まってしまい、それが邪魔になり体への負担となる場合もあります。できれば芯の入っていないものの方がお勧めです。
 また同じ正絹でも、帯揚げのように幅の広がるタイプもあります。お好みですが使用箇所によっても使い分けなどされるといいですね。

 

矢 正絹腰紐各種

 

 

line


着物着付け小物・和装小物の詳細