小春日和(和小物・着物・着付)■和装小物【半衿】


半衿

 半衿は、大きく分けますと礼装用と普段用があります。礼装用は白地が主で、刺繍の入った半衿も使われます。訪問着などには淡いお色の刺繍半衿もステキですね。小紋や紬などの普段用でしたら、遊び感覚を多く取り入れた色や柄の入った半衿もお洒落ですね。レースやビーズの半衿もステキです。綿の生地から半衿を作ってみたり、市販の半衿にご自分で刺繍をしてもまた楽しいと思います。また手ぬぐいを半衿にして、浴衣や小紋に合わせてもお洒落です。
 

半衿の衣更え

 

 半衿も季節によって衣更えをします。他のものと同じで、季節より一歩先のものを身に着けます。絽・麻など夏物半衿は6・7・8月に使用します。9月に入っても暑い日が続きますね。昔とは気候も違っていますので、9月初頃まで絽の半衿でも差し支えないと思います。9〜5月までは塩瀬や縮緬など、夏物以外の半衿を使います。季節や月によって色柄を楽しめますね。小物で季節感を出すのも 大変お洒落です。ビーズの半衿は、寒い冬よりも涼しさを演出したい時にお使いになるのがよろしいと思います。パーティーなどには華やかさが増して良いですね。
 礼装の時だけ充分に気を付け、周りに不快感を与えないような配慮しましょう。普段には全体のコーディネートを考え、ちょっと冒険してみるのも良いですね。

 

半衿のつけ方

 

 半衿をつける時は、慎重に長襦袢に縫い付けましょう。慎重に・・・と言いますのは、この半衿のつけ方で衿元の美しさが変わってくるからです。美しい衿元になるように ご自分で研究されると良いですね。衿合わせや補整によっても美しさに違いが出ます。せっかくのお洒落な半衿を台無しにすることなく、美しい衿元に仕上げましょう。
 半衿付けの方法は、縫う方法、布用両面テープで貼り付ける方法、マジックテープや安全ピンなど使用する方法もあります。いちばん綺麗なのは、やはり縫う方法です。何でも基本は大切ですね。初めは面倒でも縫ってみましょう。慣れてくると、どの部分が重要な箇所なのかが分かります。そうなれば、両面テープなど使用しても手抜きとは思えない美しい衿元になります。
 普段着物にはあまり手をかけない方が存分に楽しめますね。でも、衿元は目につく大切なポイントですので、美しくする為にはどうしたら良いのかということを常に考えながらお召しになると上達も早いでしょう。

 

花下記のページに 美しい衿元の為のポイントを載せています。

 

矢 衣紋の抜き方と衿合わせ   矢 補整

 

半衿の縫い方

 

 私のお勧めの縫い方です。他にもいろいろな縫い方がありますので、数ある方法のなかのひとつです。ご自分のやりやすい方法を見つけて、美しい衿元を作り上げて頂きたいと思います。

  1. 最初に表側に縫いつけます。(一目落し、または二目落し)

    縫い代は、着物を着た時に出したい柄等によって変えましょう。
    調整してみてくださいませ。

  2.  

  3. 次に裏側ですがその前にポイントを・・・。

    表のように端から端まで一気に縫わずに、手を加えてみましょう。
    衿肩明きから衿肩明きの間は、内側にたるみを出しません。
    たるみは半衿の内側のシワとなり、美しくありません。
    ポイントは、内側をピーンと張らせシワを出さないことです。

  4.  

  5. では縫いましょう。3箇所留めます。

    背中心のところを2〜3回縫いつけます。
    次に左右の衿肩明きのところも同じ様に縫います。
    この時普通に縫ったのではたるみが出ます。
    半衿の位置を外側に1cm位ずらして縫い付けます。
    長襦袢側がたるみ、半衿は張った状態になっていると思います。

  6.  

  7. 全体を縫います。

    三箇所の留めが終わりましたら、内側を縫います。
    剣先より少し下から、反対側の剣先の少し下まで縫います。
    衿肩明きから衿肩明きまでの間は、細かいまつり縫いにします。

  8.  

  9. 全体のポイント

    ◎縫い糸はしつけ糸がおすすめです。
     はさみを使わずに 半衿を外せますので とても楽です。
     また 糸の長さもちょうど良いのです。
    ◎縫い方は、一目落とし または 二目落とし です。
     大きくザクザク縫っても大丈夫ですが、ズレの無いよう丁寧に縫い上げましょう。
     長襦袢に綺麗についていないと美しい仕上がりにはなりません。
    ◎衿芯は縫いつけるタイプ、半衿に通すタイプがあります。
    ◎私は通すタイプの衿芯を使用しています。
    ※衿芯についての詳細は 衿芯について をご覧くださいませ。

 

 ●小春オリジナルダウンロードテキストはこちら矢 美しい半衿のつけ方

 

半衿各種

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog