小春日和(和小物・着物・着付)■着物の着付【初級】4.着物


着物の種類とT・P・O

 着物を着るようになると、着物の種類の多さに驚かれる方も多いでしょうね。決まりごとは、面倒でも守らないと周りの方に対して失礼になってしまうこともあります。お洋服でのT・P・Oは皆さんよくご存知ですね。着物の世界の決まりごとも知ってしまえば難しくはありません。せっかく着物や着付けに興味を持たれたのですから、焦らずにゆっくりと 楽しみながら、ひとつずつ覚えて参りましょう。

着物の衣更え

 和装の世界にも衣更えがあります。季節に合わせ快適に過ごせるよう、衣更えの時期を覚えておきましょう。

 

袷(あわせ)・・・裏地がついている着物。

10月〜5月までは袷の着物になります。
表地に裏生地として胴裏(どううら)と八掛(はっかけ)をつけた着物を袷といいます。表地と裏地がありますので秋から冬、春先までこの袷を着ます。

 

単衣(ひとえ)・・・裏着がなく、表地一枚の着物。

6月と9月は単衣の着物になります。
着物の表地だけで仕立てたものが単衣の着物になります。裏地がなく表地一枚で仕立てられていますので、夏物と冬物の間に着る着物になります。

 

夏物(なつもの)・・・生地は夏物。仕立ては単衣と一緒。

7月〜8月は夏の着物になります。
夏物は生地の織にも違いがあります。透け感のある涼しそうな生地になります。

 

着物の種類

 

小紋(こもん)

 小紋は普段の着物になります。染めによっては外出着になる小紋もあります。
   小紋

 

色無地

紋を入れずに小紋として、紋を入れることで正装としてお召しになれます。
   色無地

 

附下

柄は古典柄からパーティー向けまで様々です。反物に柄付けを計算し、仕立て上がると訪問着に見えるよう考えられたものです。訪問着に比べ安価で求められます。
   附下

 

訪問着

柄は附下同様、古典柄からパーティー向けまで様々です。白生地を仮絵羽仕立てにして 下絵を描き、解いて染めのなどの加工を施します。大変手間のかかる作業行程です。
   訪問着

 

黒留袖

黒地に裾模様が特徴で、仲人や新郎新婦の身内の装いです。
   黒留袖

 

色留袖

黒以外の色物の留袖です。紋の数で黒留袖と同格になります。
   色留袖

 

振袖

成人式で初めて袖を通す振袖は、結婚するまでの礼装になります。
   振袖

 

喪服

ミス・ミセスに関係なくお召しになれます。
   喪服

 

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog