小春日和(和小物・着物・着付)■小春の着物コーディネート(1)

(1)江戸小紋&ひなやの袋帯

 
 

着物:「染の北川」江戸小紋

展示会で一目惚れの小紋。無地と江戸小紋柄の市松紋様。柄の部分は更に それぞれ4種類の型で紋様を表わしています。全部で何種類の紋様が入っているのでしょう。型彫りも大変だわ〜って感心しました。

 
 

帯:「ひなや」波筬(なみおさ)袋帯

 

横糸は一直線に織るのではなく 波が打ったように織入れる技法。工房ひなや商品解説では、下記のように書かれています。

組織は綴をベースにし、太鼓部分は、波状の筬(おさ)を左右に移動させながら織ることにより、波の動きを表現し、さらに緯糸のボカシを加えることで、より立体的なものにしている。琳派の始祖のひとり俵屋宗達が松島図などで好んで描いたモチーフとされる波の絵を、帯の紋様に取り入れたものがこの帯である。

 この帯は10数年位前、帯の展示会へ仕事で見に行った時に、ひと目惚れした袋帯です。今も昔も、変わった洒落帯が大好きです。 この波筬の袋帯は手先が30cm程長く、切ってしまうのはもったいないと思い、そのまま使用していましたが、やはり使いづらくて 3年程前に丁度いい長さに切りました。主に春・秋に使用しています♪
 合わせる着物の色を問いませんので、とても出番の多い袋帯です。この江戸小紋に上品にまとめてみました。薄っすらとボカシが入っている帯です。

 
 

衿:ビーズの半衿

このビーズの半衿は15年ほど前に 初めて編み上げたものです。黄色のレース糸に、アイボリーのビーズで編みました。今では レース糸の種類も豊富ですね。でも、その頃 種類は少なくて・・・。黄色は嫌だったのですが一番合わせ易いと思いまして、この色にしました。黄色が強調されないようにビーズの色はアイボリーにしてみました。いかがでしょうか・・・♪ そんなに嫌な色ではないでしょう。

 
 

帯揚・帯締

 

●竹久 夢二の帯揚

金茶とピンクのボカシ染め。全体に淡いお色なので、合わせ易い帯揚です。織りは、市松で細かい花が色糸で織り表わされています。この日のお着物と同じ市松。自分だけのこだわりのお洒落ですね。

琥珀の帯留 と 金茶の三分紐

この組み合わせは私の着物にほとんど合わせられますので、頻繁に登場します。人それぞれに、自分に似合うカラーを持っているのでしょうね。

 

三分紐 各種

 

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog