小春日和(和小物・着物・着付)【中級】振袖用帯揚げ◎お花の作り方1

振袖用帯揚(花1)

 ちょっとした工夫で、帯揚を華やかにすることが出来ます。
帯揚で花を作ってみましょう。コツをつかみますと、簡単に綺麗に仕上げられます。

ポイントは3つ

(1)輪ゴムはきつすぎると、帯揚を傷めますの要注意。

(2)必ず帯枕のガーゼ、または三重紐にからげて整えます。

(3)大きさ、配置のバランスを考えましょう。

 

仕上がりをイメージしましょう

 

 ▼ 帯締と帯揚の配置や大きさを考えます。

 ▼ 帯揚の色が二色使いの場合、どちらの色で花を作るか決めます。

 

振袖用帯揚(花1)の作り方

 

(1)表を上にして、帯揚の端を広げます

 ▼ 絞り・綸子、どちらでも作れます。

 
 

(2)裏側に折ります

 ▼ 花の大きさを考えて折ります。

 
 

(3)花の形を作ります

 ▼ 丁寧に、端からクルクルと巻いていきます。
 ▼ 巻き終わったところです。
 
 

(4)輪ゴムをします

 ▼ 丁寧に、帯揚を傷めないようにします。
 ▼ 横から見たところです。
 
 

(5)出来上がりです

 ▼ 仕上げの時に 大きさ等を考え、整えます。
 

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog