小春日和(和小物・着物・着付)【上級】4.生徒さんの声


生徒さんの本音を知りましょう

 

 生徒さんの本音を直接聴くことはできません。当然ですね。しかし、生徒さんが何を望んでいるか、どうして欲しいのかをうかがい知ることは出来るはずです。お授業の流れや会話等から、先生がいち早く察知することも大切ですね。生徒さんは「どうして先生は私がして欲しいことが分かるのでしょう?」と不思議に思われるでしょうね。ちょっとした配慮もお授業には大切だと思っています。

 

 生徒さんから、何かの要望があった時どのように対処しますでしょうか?例えば教本に載っていない帯結びをしてみたいなど、無理なことを望むかもしれません。あっさりと「これは無理です」とお伝えするしかないでしょうか?

 

 今の段階では無理だとしても、少しだけ雰囲気をお伝えすることは出来ますね。そのことが生徒さんのやる気にもつながります。「特別ね」と半巾帯のオリジナルの結び方をお伝えしても喜ばれると思います。

 

 カリキュラム通り教わるのは当然だと生徒さんも承知しています。しかし先生のちょっとした配慮、言葉掛けやアドバイスがあると「お教室をここにして良かった」と思われますね。そして着物好きの和が広がると思います。それが後の生徒募集にもつながると思いますし・・・♪

 

小春流「生徒さんの心を知る」

 

 生徒さんは、出来るだけお金はかけずに技術を習得したいと思われています。無理やり押し付けられるのはキライです。強制的に買わされるのもキライです。お金は出したくありません。でも楽しいことにお金は使いますheart
 着物を一人で着ることが出来るようになりますと、お出掛けをしたくなります。その時にかかる費用は出し惜しみしませんね。私がそうでした♪

 

  • 私が生徒だった頃、嫌だと思ったことは生徒さんにしません。
  • 私が生徒だった頃、先生にして頂いて嬉しかったことを生徒さんにしています。

 

 皆さんが生徒さんだった頃のことを思い出してみてください。
「あの先生のようになりたい!」などと思い描いていたことと思います。また中には
「あの先生のようにはなりたくない!」と思うような方もいらしたかもしれません(失礼!)

 

 常に生徒さんお一人お一人の心に問いかけをしながら進めますと、答えは出てきます。生徒さんを想う心が全てだと思います。ええ!すべては生徒さんのためにheart

 

line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog