小春日和(和小物・着物・着付)【中級】雨コートの着用ポイント

雨コートの着用ポイント

 雨コートをお召しになる時、何か工夫されていらっしゃいますか?普通にお着物をお召しになった上に雨コート・・・。これでも良いのですが、私のお勧めの着方をお伝えいたします。良かったらお試しくださいませね。

 

 この方法は、クリップ2個あれば出来ます。紐を使う方法もありますが、シワが残ってしまうので 私は好きではありません。(コートに専用の長い紐が付いているものもありますね。)

 

 この着方ですと、裾さばきがとても楽ですし着物を雨に濡らす心配がなくなります。着物を濡らすということは、シミを作ってしまうことが考えられますね。大切なお着物を少しでも雨から守リたいですものね。

 

 ※ただしこの方法は、透ける生地の紗の雨コートには出来ません。

 

小春お勧めの雨コート着用方法

 

1.上前を帯の上線に合わせてクリップで留めます

raincoat1

 

2.続いて下前も同じようにクリップで留めます

 ▼ シワやよれが出ない様に注意します。慣れますと上前・下前を一緒に整えられます。

raincoat2

 

3.留め部分の拡大です

 ▼ 後ろのたるみが出ないように前に引きます。

raincoat3

 

4.後ろはシワにならないように丁寧に整えます

 ▼ 帯のシワに注意しながら、綺麗に捲り上げます。

raincoat4

 

5.雨コートを羽織ります

 ▼ 着物のシワに充分注意しましょう。

raincoat5

 

6.着上がり姿です

 ▼ 着上がり姿は、普通に見えますね。

raincoat6

 

7.脱ぐ時は、裾をおろし整えてからコートを脱ぎます

 ▼ 脱ぐ時には周りの方への配慮も忘れずに♪

raincoat7

 

(1)コートの前ボタンを外します。
(2)クリップを外します。
(3)裾を元に戻します。
(4)雨コートを脱ぎます。

 

コートの中は裾が上がっていますので、周囲の方には見えないよう注意しましょう。着物を綺麗に整えてから、コートを脱ぐようにしますと、大変美しいですね。上級者さんです!

注意点は、着物にシワが残らないように綺麗に上げることです。最後に外しましたクリップは、コートを入れる袋に付けておきます。そうすれば、コートを羽織る時にすぐにクリップが見つかりますね。出先でコートを着る時には、先にコートを羽織ってしまいます。そして裾を捲くり上げクリップで留めるようにしますときれいですね。くれぐれも、裾を上げた状態を人様にお見せになりませんように・・・。脱ぎ着の際に、床に雨コートがついてしまわないように注意しましょう。ステキなコートが汚れてしまっては残念ですものね。何度か家で練習してみると良いですね。

 

小春使用クリップ

 転写シールで可愛くしました♪私が使っているクリップは小さめです(^^) 着付の時も このクリップを使用しています。可愛いシールを貼って私の目印にしています。裏面にはシールと小さい名前のシールが貼ってあります♪

 

 icon ハンディクリップ 各種

着付クリップ


line


着物着付け小物・和装小物の詳細
icon肌襦袢
icon裾よけ
icon和装ブラジャー
icon足袋
icon腰紐
icon伊達締め
icon着付けクリップ
iconコーリンベルト
icon帯板
icon帯枕 icon衿芯 icon補整
icon三重紐 icon帯締・帯揚 icon帯留 icon三分紐
icon半衿 icon重ね衿 icon懐中時計 icon根付・ストラップ
icon日傘 icon和傘 icon手提げ・バッグ icon草履・下駄
icon撫松庵 iconかんざし icon扇子 icon扇子香(白檀・ローズ)


  

着付け初級 着付け中級 着付け上級 浴衣着付け 振袖着付け 帯結びテキスト 小春堂 小春のこだわり Blog